• 美容外科で驚きの効果

クマもろとも

施術

疲れた目

パッと顔を見て「あ、このひと老けてるわ」と判断できる場合、それはその人の目もとがいかにも「老けてますけど、何か?」みたいな感じになっているから。
本人が望むと望まざるとに関わらず、特に目の下は正直です。たるみがあったり、クマが出来ていたりするのです。
目の下のたるみは、皮膚がハリを失っている、つまり老化が直撃している証拠ですし、目の下が黒ずんでいたり、青っぽくなっていたりするクマは、疲れている感じをかもし出します。

ただ単に徹夜明けで疲れているだけなのか、それとも長い年月つもりつもった疲労が形となって現れているのか、それを示すのが、クマと一緒にあるたるみであるというわけ。
つまり、老化を吹き飛ばしちゃいたいと思っている人にとって、目の下に現れるたるみとクマは、一緒に解決しちゃわなければならないモノだと言えるのです。

黒クマを取る

目の下のクマには、大きく分けて3つの種類があって、それぞれクマの色が違うので「色分け」することが出来ます。
例えば「青クマ」は疲れているせいで、目の下を走っている毛細血管が透けて見え、青っぽくなってしまっているというもの。血のめぐりが悪くなっているので余計に毛細血管の集まりが際立って見え、くっきりと青くなってしまっているクマ。
「茶クマ」は、言わばシミのようなもので、メラニン色素の沈着によって出来るもの。おなじみの紫外線がその原因となり、あるいは目の下をこすりすぎて刺激を与えると、色素が沈着しやすくなります。

たるみと一緒に出来るクマは、通称「黒クマ」と呼ばれる黒いクマで、こいつは完全に影。目の下がたるんでいると、どうしても影になる部分が出来てしまって、そこがくっきりと黒く縁取られちゃうわけです。
影を消すための方法としては、やはりたるみごと消去するというのが一番。脱脂術やヒアルロン酸注射で皮膚がふっくらしてスッキリすれば、影は消え、クマは消えます。